医師としてのスキルアップを目指して転職しました

医大を卒業後に医師となって7年目の医師です。

今年の4月に、地方の中規模病院から大規模な基幹病院への転職を果たしました。

転職を考え始めたきっかけは、医師としてのスキルアップをしたいと思ったからです。

医師になって5、6年経った頃から、少し仕事に慣れてきたせいか、自分自身でも緊張感が無くなってきた自覚がありました。

医師として5、6年のキャリアがあると、周囲から新人という認識をされることが減ってきます。

そういう意味で、新人の頃のように叱られる機会も減り、自分自身でも何となく業務がこなせてしまうという状況が続いていました。

仕事で経験を積んでいくことで、スキルが上がっていくことは素晴らしいことなのですが、自分としては医師として、より高いスキルを身につけたいと考えていたのです。

私が勤めていた病院は、病床数が200床くらいの中規模病院で主に消化器の疾患を専門とする病院でした。

そのため私も消化器の専門性は高まったのですが、他の診療科目に関しては知識やスキルが不足しているように感じていたのです。

医師として、より幅広い知識とスキル、経験を積みたいと思い転職をしました。

転職先として現在勤めている病院は、病床数が600床ほどある大規模な総合病院です。

いつも様々な診療科の専門職と連携しながら、以前よりも幅広い業務に携わっています。医師としてのスキルを身につけていく上で、最適な職場環境だと思っています。

現在は転職したことに、とても満足した日々をおくっています。